研究テーマ(2014年現在)

課題1 生体硬組織 〜折れない俺〜

骨折リスクの評価と改善

「活きる」を支援する技術  


(背景・目的)

 ・骨はどうやって壊れるか?
 ・骨組織の微視構造と骨折リスクの関係は?
 ・いかに骨折リスクを減らせるか?

(研究内容)

 ・骨の微視構造を観察しよう 右図
 ・破壊試験機を作ろう
 ・骨の骨折リスクを減らす工夫

(主な成果)

 ・学会発表など

(支援など)

 ・科学研究費補助金 H24-26基盤研究(C)
 ・北海道大学、理化学研究所と連携







 
担当

藤崎
横山
長谷川

 

課題2 精密工学 〜道具をつくる道具をつくる〜

材料の精密切削

「世界で2番目に硬い材料を
世界で1番優れた工具にする技術」
 


(背景・目的)

 ・1ミクロン精度の加工を実現するには?
 ・ダイヤモンドに代わる硬い工具材料とは?
 ・工業材料を鏡面に仕上げるには?

(研究内容)

 ・加工システム(制御法・工具)の開発
 ・鋼材を鏡面にするための条件探索
 ・応用課題:金属の多断面顕微鏡観察

(主な成果)

 ・特許、論文、記事など

(支援など)

 ・理化学研究所と共同研究

 







担当

藤崎
○○

 

課題3 バイオマテリアル 〜より良い機能へ〜

チタンとアパタイト

「ヒトのための材料づくり」  


(背景・目的)

 ・生体親和性に優れるチタンを活用するには?
 ・難加工材をいかに成形するか?
 ・チタンと骨をくっつけるには?

(研究内容)

 ・チタン表面へのアパタイトの生成

(主な成果)

 ・ぼちぼち

(支援など)

 ・なし

 
t
アパタイトモデル






担当

藤崎
伊達
直也

 

 

課題4 マイクロ・ナノ 〜微小な微笑〜

X線散乱現象の理解

「見えないものをみるための技術」  


(背景・目的)

 ・物質のマイクロ、ナノ構造を調べるには?
 ・生体組織の中の微視構造を知る

(研究内容)

 ・現象の定式化からシミュレーションまで

(主な成果)

 ・とりあえず最初の論文執筆中

(支援など)

 ・MPI-KG時代からの宿題

 




0




担当

藤崎
○○

 

 

課題5 人間工学 〜遊びから始めよう〜

使い心地の探究

「世の中を便利にしよう!」  


(背景・目的)

 ・ヒトの手に合ったモノとは?
 ・PCライフを快適にするには?

(研究内容)

 ・Webカメラを使ったゲーム
   (趣味・宣伝向け)

(主な成果)

 ・サイエンスへの招待で公開

(支援など)

 ・学内

 







担当

藤崎
○○

 


課題6 自然の強度 〜教科書を超えて〜

枝の積雪負荷調査

「自然との対話!」  


(背景・目的)

 ・ここは結構雪が降ります
 ・リンゴがたくさん実ります

(研究内容)

 ・木の変形から負荷を推定する
 ・枝が折れるメカニズムを調べる
 ・樹木の生体電位を測定する

(主な成果)

 ・学会発表

(支援など)

 ・なし
 ・農学生命科学部と共同で活動

 







担当

藤崎
邦明
山田
愛海

 


課題7 生体軟組織 〜軟に難あり〜

軟組織の特性評価

「軟らかいものを評価!」  


(背景・目的)

 ・軟らかいものの硬さはどうやって測る?
 ・血管に欠陥があると?

(研究内容)

 ・血管を膨らませて変形を調べる
 ・血管穿刺時の負荷を計測する
 ・ゲルの力学

(主な成果)

 ・学会発表

(支援など)

 ・医用システム創造フロンティア関連

 








担当

藤崎
工藤
須藤
仲河
高坂

 


課題8 環境改善 〜世界から職場まで〜

融雪に関する研究

「すべらない技術」  


(背景・目的)

 ・雪を効率よく融かすには?
 ・すべらない街づくり

(研究内容)

 ・貝殻粉末での融雪
 ・雪の様態観察

(主な成果)

 ・学会発表

(支援など)

 ・青森ブランド価値創造研究 H27-28

 









担当

藤崎
小山内
須藤

 


課題9 動作の解析 〜ヒトをはかる〜

歩行時の負荷計測

「負荷の定量化」  


(背景・目的)

 ・歩容の定量化
 ・笹川研せん断センサの活用

(研究内容)

 ・歩行時の足裏に作用するせん断力測定
 ・歩容解析のためのソフトウェアづくり

(主な成果)

 ・学会発表

(支援など)

 ・なし

 








担当

藤崎
菊原
小川

 


課題10 最適構造 〜ハニカミ屋〜

3次元構造体の強度評価

「負荷の定量化」  


(背景・目的)

 ・3次元プリンタを使った自由な造形
 ・軽くて強い構造体とは

(研究内容)

 ・ケルビン構造複合体の強度評価
 ・解析と力学試験

(主な成果)

 ・学会発表

(支援など)

 ・なし

 








担当

藤崎
矢作

 


Back